59醸×SWA 限定「積善」1本(Zoomイベント参加券付)

59醸×SWA 限定「積善」1本(Zoomイベント参加券付)
国内では手に入らない「カンパイシリーズトライアル」59醸×SWA 限定<積善 - 1st Global edition ->(720ml))を1本お届け!さらに、Zoomイベント「KANPAI Festival」参加チケット(1回分)がセットになったチケットです。イベントは、7/11(日)・17(土)・24(土)・31(土)・8/8(日)の18:00〜19:00を予定しています。そのうち「積善」西飯田酒造店 9代目 飯田一基さんが参加されるのは、7/11(日)と17(土)です。
ご提供予定時期:7月7日より順次発送となります
¥5,000 (税込)
販売終了

この商品について

  • 59醸×SWA 限定<積善 - 1st Global edition ->

  • 本リターンに含まれるもの

  • ①KANPAI Festival参加チケット1回分
    7/11~8/8の期間中全5回開催いたします。
    ご支援を頂きました方には、SWAより別途メールにて希望日程をお伺いいたします。
    「積善」を造る西飯田酒造店 9代目 飯田一基さんが参加する日程は、7/11(日)と17(土)を予定しています。

    ②59醸×SWA 限定<積善 - 1st Global edition ->1本 720ml
  • 「KANPAI Festival」開催日時

  • 「KANPAI Festival」とは
    世界の食文化に合わせた新しい日本酒を創っていくために、お送りしたお酒を飲みながら、その作り手と語り合う“オンライン酒盛り”です。蔵元と直接お話できる貴重な機会をお見逃しなく!

    ※全てzoomでの開催となります。
    ※本チケットをご購入の方は下記より1回のみ参加できます。
    ※「★」マークがついている日程が「積善」西飯田酒造店 さんが参加される日程です

    ★1回目:7月11日(日)18時〜19時
    ゲスト:「勢正宗」丸世酒造店 5代目 関晋司さん、「積善」西飯田酒造店 9代目 飯田一基さん
    対象国:イタリア

    ★2回目:7月17日(土)18時〜19時
    ゲスト:「積善」西飯田酒造店 9代目 飯田一基さん、「本老の松」東飯田酒造店 6代目 飯田淳さん
    対象国:イギリス

    3回目:7月24日(土)18時〜19時
    ゲスト:「本老の松」東飯田酒造店 6代目 飯田淳さん、「福無量」沓掛酒造店 18代目 沓掛正敏さん
    対象国:ドイツ

    4回目:7月31日(土)18時〜19時
    ゲスト:「福無量」沓掛酒造店 18代目 沓掛正敏さん、「北光正宗」角口酒造店 6代目 村松裕也さん
    対象国:フランス

    5回目:8月8日(日)18時〜19時
    ゲスト:「北光正宗」角口酒造店 6代目 村松裕也さん、「勢正宗」丸世酒造店 5代目 関晋司さん
    対象国:スペイン

    ※ゲスト等は変更になる場合がございます。

    ※イベントについてのお問い合わせにつきましては、SWAにお問い合わせください。
    一般社団法人「SAKE WORLD協会」
    Mail: info@sake-world.jp
  • 59醸×SWA 限定<積善 - 1st Global edition ->

  • <積善 - 1st Global edition ->
    【内容量】720ml
    【アルコール度数】15度
    【分類】純米吟醸酒
    【原材料名】米(国産)、米麹(国産米)
    【原料米】美山錦
    【精米歩合】59%
    【日本酒度】+2.0
    【製造者】㈱西飯田酒造店
         〒381-2235 長野県長野市篠ノ井小松原1726番地

    ※59醸×SWA 限定日本酒についてのお問い合わせにつきましては、各日本酒の製造者へお問い合わせください。
         TEL:026-292-2047
  • ※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
    ※未成年者への酒類の販売は行っておりません。
    ※飲酒運転は法律で禁止されています。
    ※妊娠中、授乳期の飲酒は胎児、乳児の発育に影響を与える恐れがあります 。

このプロジェクトの他の商品

若手蔵元ユニットと世界に日本酒を広めよう! 次世代&海外仕様の“特別な日本酒”を体験。

これは、若手蔵元たちが、日本酒を世界へ広める一般社団法人「SAKE WORLD協会」とタッグを組んだプロジェクトです。日本酒には味やペアリング以外にも魅力的なチャンネルがあります。例えば、発酵、ローカル文化、自然、万物への敬意、共存……日本酒文化は人の“根っこ”の部分と、未来につながるアレコレを含んでいるのです。その魅力を、昭和59年度生まれの若手蔵元が熱く深堀していき、世界に日本酒の魅力を発信していきます。